9月1日にトランプ大統領が約1,100憶ドル相当の中国製品に追加関税を発動し、中国も報復として約750憶ドル相当の米製品に段階的に関税を引き上げるというニュースが出されました。

毎回ブログで米中貿易摩擦の影響で相場は下げています的なことを書いており、今週もこの件が影響で下げるかなと思っていましたが、かなり強い動きをしています。

日経平均がようやく8月のボックス圏(下値20,100円、上値20,700円)を上抜きました。

今回は期待ができそうで年末高へ向けて、下地が整っていくのではないでしょうか。

さすがにここまで日経平均が上昇すると監視銘柄のほとんど上昇しており、いつものことながら買っておけば良かったな~と思います。


過ぎたことはしょうがないので、今後どうするか考えていきます。年末高を期待するなら、まだまだ買いにいけます。

監視銘柄のほとんどが底を打ったようなチャートの形をしているため、底打ちと信じれば今から買っても利益は取れそうです。

しかし、個別銘柄選びに自信がないので、買いにいくのに躊躇しています。

最近は、個別銘柄ではなく日本株のETFを買おうかなと考えています。

相場の読みも自信がありませんが、個別銘柄でいろいろ考えた末に買わないといった時間のロスは減らせそうです。

また、調べる内容も減るため、その分の時間も取られずにすみます。

最近、楽天証券の手数料0円ETFの存在を知り、調べています。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/etf-etn-reit/lineup/0-etf.html
MAXIS 日経225上場投信                  (1346)     信託報酬  0.17%    売買単位 1株
MAXIS トピックス上場                    (1348)   信託報酬  0.08%    売買単位    10株
iシェーアーズ・コアTOPIX ETF   (1475)   信託報酬  0.06%    売買単位    1株



上記の3つを選択肢に加え、引き続き個別銘柄も調べ続けます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ