アスクル(2678)がようやく下方修正を発表しました。本決算発表時にでるかと思っていましたが、前倒しで6月27日に特別損失と合わせて発表されました。4Qの連結営業利益の見込みが悪くないため、想定より修正幅は少ないですが特別損失は想定していませんでした。

ここ最近の下げっぷりを見ると、下方修正情報はすでに漏れていたのではないかと疑ってしまいます。決算発表が近づいており、下方修正を見込んで売り仕掛けや損切がでてもおかしくはありませんが。



28日の株価は-105円の4.36%安と暴落しています。寄付きが2,390円でたいして下げずに始まったので悪材料出尽くしで、もしかして本日中に反転するかと期待しましたが甘かったです。4Qの連結営業利益見込みのペースを今後も維持できれば、来期の業績は期待できそうです。早めの下げ止まりを期待し、買値まで戻るのを待ち続けます。

イトクロ(6049)はようやく下げ止まり感がでてきました。かなり下げていたのでまた下げに転じ、2番底をつけもみ合い上下どちらかにいく展開になりそうです。もみ合う展開になれば、上に行くと信じて少し買ってみたいです。

日医工(4521)を見ていますが、なかなか下げ止まらないです。月足チャートで見ると約2年半1,500円~1,900円ぐらいのボックスの動きをしていましたが、ついに下に抜けてしまいました。1,500円付近で切り返すようなら買ってみようと思い監視していましたが、下抜け以降下げが止まりません。長い間形成していたボックスを下抜けたため、短期でボックス圏に戻さないとしばらく低迷が続きそうです。引き続きどうなるか監視し続けます。

米中貿易問題が一時的に落ち着きそうなニュースがでています。月曜からの市場はそれを好感し、上昇しそうですが、またいつこの問題がぶり返されるかわからないため警戒は必要です。しかし、あまりに警戒しすぎてただ傍観していても、利益を得ることはできないので何かしら買いに行きたいと考えています。

今年のNISA枠120万円をどの銘柄に振り分けるか、米中貿易摩擦が落ち着きそうな今こそ投資のチャンスかもしれません。



会社での話ですが、4月に行った公募異動の面接の結果がでました。結果は予想通りダメでした。5月中旬に結果を伝えると言われていたのに、伝えられたのは先週末とずいぶん引っ張られました。上司から熱意は伝わったが経験、知識、資格等がないことが落選の理由と簡単に説明されました。面接の時もそれらの事にかなり突っ込まれたので、理由には納得です。

公募異動についての説明会で異動希望の部署の方々に経験、知識、資格等について必要か質問した時にいらないと言われたのを鵜呑みにしてしまいました。今考えれば必要に決まっていますし、経験は難しいですが、知識の習得や資格の取得もしくは取得に向けて勉強はすべきでした。また、来年も何かしら公募異動の募集があると思うので、今後のキャリアについてしっかり考えたい思います。

SBI(NISA)
Screenshot_2019-06-30-13-22-31_1



楽天証券(特定口座)
Screenshot_2019-06-30-13-24-07_1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ