S&P500は過去最高値を更新するなど米国株は堅調に推移していますが、日本株は相変わらずパッとしません。

金曜日を陽線で引けるなら直近高値を抜いていく形のチャートになりそうでしたが、結構な陰線を引いたことで今週は少し押す展開になるのかなと考えています。



今週はG20もあり米中貿易摩擦についても一喜一憂するニュースがでて、相場は上下に動きそうです。イランの問題も相場に影響を及ぼし、相場の先行きに期待しずらい状況です。

しかし、こんな不安要素が多い状況でも米国株は堅調であり、いずれ日本株もその流れに乗ると信じれば買いに行くのもありかもしれません。

日経平均の下値はPBR1倍付近で節目でもある20,000円前後を底と考えれば、下がっても約1,200円です。

長期的に日経平均はPER14倍~16倍に範囲で動くことが多く、それを考慮すれば上がる場合はPER14倍では約25,000円、PER16倍は約28,600円となります。

この見方をすると底値予想値までの約1,200円の下げよりも、上昇が期待できるPER14~16倍の数値に魅力を感じ買いに行きたくなります。

最近の日経平均のPERは11~12倍と長期的な平均を下回っています。市場は何かしら読み込んでいるからこの推移をしていると考えられます。

市場が何を読み込んで今の数値になっているのかわかりません。今期の企業業績が悪化することを見越しているのかもしれませんし、今後控える消費増税という大きな国内要因もかなり悲観的に読み込まれているかもしれません。

考えても全くわからないので個別銘柄で良いと思ったものを、長期的に持ち続けるしかないのかなと考えています。

ZOZO(3092)が先週はもみ合いが続いていたので、月曜からは上放れして欲しいです。25日、50日移動平均線を若干上回っており、ここで大きく上昇することにより、それら上値抵抗線から下値抵抗線に変えて欲しいです。



アスクルは5月の月次も伸び悩み、6月に入って野村證券やみずほ証券が目標株価を下げた影響もあり弱い動きをしています。

6月18日つけた直近安値2,448円を下回ると、さらに下に行きそうなチャートをしています。

楽天(4755)は高値でもみ合っているので、今週こそ上放れし買値まで戻して欲しいです。楽天が売れれば、来年からはつみたてNISAに変更する予定です。

SBI(NISA)
Screenshot_2019-06-23-23-03-58_1



楽天証券(特定口座)
Screenshot_2019-06-23-23-04-00_1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ