今週の市場は売買代金が低水準で盛り上がりに欠けています。今週の木曜日までは「閑散に売りなし」の格言通り、終値で見ればプラスの日が多く値幅もあまりありません。しかし、ザラバ中で見れば、そこそこ動きがありデイトレする方には多くのチャンスがあったのではないでしょうか。


米国株相場が堅調な現状を考えるとGW中に持ち続けても問題なさそうですが、GW中はアメリカでイベントや主要企業の決算が多くあることは気がかりです。

また、上海総合指数が少し弱くなってきてるのも気になります。考えようが不安になろうがGW中は売買できないため、過度に気にせず海外相場を見守ります。

今のところポジションを減らすことができず、持ち株すべでGW中も保有し続けることになりそうです。今週中に大阪ソーダ(4046)は同値で売れればいいな~と期待していましたが、今週は弱く売ることが厳しい展開です。

ZOZOが決算発表しました。詳しく内容は見ていませんが、パッと見た感じあまりよくないです。これから資料を見て、今後の展開を予想したいと思います。21時にPTSをみたら値段が2145円のマイナス21円だったので、決算はある程度織り込み済みであって欲しいです。


PTSは出来高が少なく板もスカスカなので大口の売買はできません。大口の売買をしたい機関投資家などは明日の市場で売買するしかなく、現在この値段でも油断できません。明日の寄付きから強烈な売り気配だけは勘弁願いたいです。

世間は10連休中ですが私の休みは2日しかないため、いつもと変わらない生活をおくることになります。通勤電車が空いていて、座って行けることを期待します。

家族は親族といろいろでかけるので、楽しんでくれればいいと思います。子供たちは年の近い従兄弟たちと遊ぶのを楽しみしているので、親としてどこにも連れていけない後ろめたさが軽減されます。久々に数日間一人暮らしとなるので、買ったまま読んでいなかった株式投資の本を全部読もうと思います。


SBI (NISA)
Screenshot_2019-04-25-21-21-28_1
楽天証券(特定口座)
Screenshot_2019-04-25-21-21-30_1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ