好調な楽天(4755)ですが4月10日に楽天トラベルが独占禁止法違反の疑いで、公正取引委員会が立ち入り検査が入りました。そのためか高値1,175円から一時安値1,107円と乱高下しました。利食い売りを出す理由を与えてしまった展開となりましたが、10日の終値は+10円の1,124円で引けています。
11、12日ともみ合う展開となっていますが、ここから切り返せばさらなる高値を狙えそうです。10日に上髭を出しており、下に行く確率が高そうですがどうにか踏ん張って欲しいです。

法令違反系の不祥事は企業イメージ損ない、消費者離れを起こす大きな原因となりますので楽天には細心の注意を払って欲しいです。

先日、SBI証券でIPOのハウテレビジョン(7064)、グッドスピード(7676)、トビラシステム(4441)に申し込みました。今回はハウテレビジョンに150IPOチャレンジポイントを使用しました。100株でもいいので当選して欲しいですが、売り出し株数が少ないため非常に厳しいと思います。

今年のGWは4月27日から5月6日の10日間で、その間は取引所もお休みで株の売買ができません。その間に米国株が暴騰・暴落した場合は、連休明けの日本株にとんでもない影響を及ぼすでしょう。暴騰の場合は感謝しかありませんが、暴落の場合はストレスがたまる展開となります。

現在の持株ですと大阪ソーダ(40)は10連休前までに買値まで戻る可能性がありそうです。買値まで戻ることがあれば売って、少しでもポジションを減らしたいところです。

他の持株はさすがに10連休前までに買値まで戻ることが想定できず、持ち続けることになります。損切する気がないため10連休中もほぼすべての持株を保有し続けることになるでしょう。CMEが22,080円がつけており、月曜日以降も強い展開を期待しています。

10連休中も仕事が数日あるので電車が空いてて、遅延しないこと祈ります。11日は神田駅の人身事故の影響で電車混みすぎで、通勤だけでヘトヘトでした。
SBI(NISA)
Screenshot_2019-04-13-09-26-42_1
楽天証券(特定口座)
Screenshot_2019-04-13-09-26-55_1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ