期末で仕事も忙しい中、異動希望の書類審査が通り面接の準備も進めていたためブログを更新する余裕がありませんでした。面接も終了しましたが、ボコボコにされたのダメでしょう。

3月はかなりストレスが溜まる展開でしたが、新年度からは気持ちを切り替えていこうと自分自身に言い聞かせています(面接を思い出すと自業自得とはいえ、イライラが止まらんのです)。

株の話に変わりますが、特定口座の楽天(4755)100株を4月5日に1,043円で売却し、実現損益は+1,087円でした。3月は楽天がかなり強く、まさか1,000円台まで上がるとは思ってもいませんでした。

早くNISA口座の楽天も売りたいですが、買値が高すぎるためロールオーバーは避けられないでしょう。今年度中に売却出来たらロールオーバーせずに済むのですが、そうは甘くはないでしょう。しかし、今日の楽天は強いです。一時とはいえ1,100円台に突入するとは、私が売ったら上がるという経験則通りの展開です。

大阪ソーダ(4046)は4月6日に買値を少し上回り、次上回る展開があれば売却を検討します。米中貿易摩擦が解決すれば、3,000円台回復も見えそうですが、ポジションを減らしたいので微益でも売りたいと考えています。NISAで買っているためもっと利益が欲しいですが上がってもたいしたことなさそうなので、もういいでしょう。

ZOZO(3092)は前澤社長の美術品や持株の話などで不安定な動きをしています。次の四半期決算がでて業績が回復傾向にあることが確認できるまでは、乱高下しそうで非常に神経をすり減らす展開になりそうです。
サンエー(2659)が4月5日発表した決算の影響で下げがきついです。会社が示した業績予想が増収減益で、減益幅が営業利益-20%、純利益-22%では上がる要素がないです。理由は人手不足による人件費の高騰と光熱費等のコストアップが予測されるからとのことです。

う~ん、理由はわからんでもないですが、これらの理由で初っ端から20%以上の減益予想を示してくるのはいかがなものかとも感じてしまいます。期末決算発表時には増収増益で株価も買値まで戻していること期待します。

SBI(NISA)
Screenshot_2019-04-08-20-02-18_1
楽天証券(特定口座)
Screenshot_2019-04-08-20-02-23_1

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ