日経平均が下げ止まらず、ついに評価損が100万を超えました。NISE口座の評価損率が-30.61%に達し、見るのもうんざりな状態です。年末高を期待し買いにいったのが完全に裏目にでました。

今年は年末高アノマリーとは逆に年末安の展開で、夜間取引を見ると25日の日経平均は20000円割れを避けられそうにありません(24日のアメリカ株次第では回避可能性ですが)。下げが早いため、戻しがあるかもしれませんが手を出す気持ちになれません。

持ち株の中で唯一踏ん張っていたアスクル(2678)も14日に発表した決算を受けて暴落しています。下方修正するのも時間の問題と思われる内容でがっかりしています。今年度の施策が来年度以降に花開くよう、徹底的に取り組んで欲しいです。

こんな時に限って楽天証券で申し込んだIPOのレオス・キャピタルワークス(7330)が当選してしまいました。こんな相場環境では公募割れしそうで怖いです。ソフトバンクのような展開もあり得そうなので、寄り付きで公募割れしそうならすぐに売ろうと考えています。

なんと、この記事を書いている最中にIPOの初値予想サイトを見たら、レオス・キャピタルワークスは20日に上場延期を発表していました!これはありがたいです(しっかりチェックしとけ)。最近は見る度に評価損が拡大していたので、全然ニュース等を確認していませんでした。

上場延期の理由はコーポレート・ガバナンスと内部管理体制について深堀りすべき事項が発生したことが原因らしいですが、詳細が全くわかりません。なぜ、詳細に説明しないのかわかりませんが、きちんとした方が投資家への心証はいいと思います。

ソフトバンク(9434)もSBIの公募で当選していましたが、IPOポイントを使わずに当選したことに恐怖を感じ辞退しました。結果的に買わなくて正解でしたが、買っていたら配当利回りの魅力で未だに持ち続け評価損の拡大にうんざりしていたと思います。

今は何やっても裏目に出そうなので、おとなしくしていようと思います。でも、裏目裏目にでる私がこのように考えるということはそろそろ底なのかもしれません。もうわからんです。
SBI(NISE)
Screenshot_2018-12-22-19-52-40_1
楽天証券(特定口座)