31日の日経平均は4.35円安の22865.15円となっています。23000円の壁を突破し23000円台を維持することが難しい展開となっています。

5月~8月まで毎月チャレンジしていますが、5、6、8月は23000円を突破しましたが維持することができず、7月は23000円台手前ではじかれました。

このまま21450円付近を下値にボックス圏の動きになるのか、底値圏ではないですが日足チャート的に逆三尊を形成したと見なし上放れを期待するか(この見方は個人的な希望的観測ですが経験上、上にいくことが多かったと記憶しています)判断が難しい展開です。

ボックス予想なら今は様子見になりますが、上放れを期待するなら買いとなり1月23日につけた高値24129.34円に向けて動きだすと予想します。

31日は9時12分のつけた安値から200円近く切り返す展開で非常に強い展開でした。何度も23000円付近で跳ね返されているので、さすがに今日はそこそこ下げるかなと思っていましたが予想外に強い展開でした。

マザーズ指数も今週は25日、50日移動平均線を上抜け31日もプラスで引けています。これだけ買いが強いと来週こそ個人投資家の大幅買い越しで23000円台を突破し維持する動きを期待したいところです。

相変わらず米中貿易問題が相場に影響していますが、状況悪化のニュースがでても強い展開が続いており何度か書いていますが慣れと耐性ができてきていると思っています。

今のところでている両国の経済指標には大きな影響がでていませんが(中国の指標に少し影響はでてきていますが許容範囲かと)、今後指標に大きな影響(特に米国)がでてくるのであればこれらのニュースに対する相場の反応は変わり大きく下げる展開もありそうです。

しかし、そうなれば米中ともに譲歩的な動きを示し指標の悪化を食い止めようとするので結局は戻す展開になると考えています。

来週もこの話題が相場に影響しそうですが押し目があれば拾い、23000円台を突破する動きがあればそれもまた新たな高値を目指す動きとして買うタイミングを探していこうと思います。まずは、23000円台を維持する動きを期待したいです。

SBI (NISE )
Screenshot_2018-09-01-23-17-06_1

アスクルは月次が発表され8月の単体売上高は13.1%増となっており、それ好感してチャートが切り上げだしました。

スタートトゥデイはじわじわと切り返しています。ZOZOSUITが届いたのでさっそく装着しました。ZOZOSUITを着て机に固定したスマホのカメラで角度を変えて何枚か撮影しましたが、一枚目の撮影に少々手こずりました。下半身が認識しできなかったこと、カメラとの距離感がずれていたのが原因でした。

音声案内に従い何度か調整を行い一枚目が取れてしまえば後は問題なく終了できました。10月にはスーツとシャツが届く予定なので楽しみに待ちます。

楽天は今週は強かったです。みんなのビットコインの株式取得を好感してPTSで863円をつけているので来週も期待したいところです。

リプロセルは今週は動きが荒い展開でしたが、ようやく底打ち感じさせるチャートの形となっています。30日に窓あけての上昇しましたが結構な上髭をだして引けているので、まだまだ楽観視はできません。

サンエー、大阪ソーダについては様子見です。

楽天証券(特定口座)
Screenshot_2018-09-01-23-17-12_1

キャノンは早く3450~3650円付近のボックス圏を上抜けして欲しいです。今週は画像技術を用いて社会インフラ点検に参入するなどの材料がでていましたが、株価を大きく押し上げるには力不足でした。

サイバーダインは野村證券が31日に目標株価を3100円から2700円に引き下げました。 現在の価格の3倍以上の株価です。レポートを読んでいないので根拠がわかりませんが、かなり強気な目標株価に感じます。サイバーダインの他にも気になる銘柄がいくつかあるので、引き続き注視していきます。

8月21日に雑誌ネットマネーがNET MONEYとして復刊していました。発行元が株式会社ZUUなので素晴らしい内容を期待してしまいます。先日早速購入しましたが、まだ読んでいないので暇をみつけて知識向上に役立てます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ