19日のNYダウは1.15%安の24700.21ドル、S&P500は0.4%安の2762.59、ナスダックは0.28%安の7725.59と下げています。米中貿易摩擦などの影響もあり今週の米国株の指数、上海総合指数ともに弱いですね。上海総合指数は今日は上がりましたが。

米国の中間選挙が終わるまでこの話題に振り回される可能性があると思うと期間が長すぎて嫌になります(米中間選挙は11月6日予定)。

日経平均は安値から400円近く切り替えし、いい感じに引けていますが明日以降も荒い値動きが想定されます(なんとなく)。

日経平均の日足チャートが23000円付近でダブルトップを形成しているので下に行く可能性が高そうです(踏ん張れ!)。

メガバンクがだいぶ下がってきており買いたくなっています。買うなら三菱UFJ銀行(8306)、三井住友銀行(8316)のどちらかにします。

三井住友銀行が前回の決算で初の自社株買いを発表したことは、少し驚くとともに「ようやくやったか」とも思いました。今回だけでなく三菱UFJ銀行のように継続的に実施して欲しいところです。

SBI証券(NISE)
Screenshot_2018-06-24-20-49-23_1

楽天はどうにか700円台をキープしました。700円にタッチした時はこれは割りそう、底が見えんと思いました。しかし、近々割りそうな予感がします(勘弁して欲しい)。

楽天証券
Screenshot_2018-06-24-20-50-53_1

キャノンはこのまま権利落ち日までいきそうです。買い増ししようか考えます。配当狙いで買って、それ以上にやられるのはかなり痛いトレードです(わかってるならやめとけ)。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ